oomoriwestのブログ

東京のブルックリンこと大田区大森地区ときどき京急沿線の日常を綴っています。

多摩川台公園で紅葉狩り。

もうすぐ師走だというのに今日の日中は20度超え(!)。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

今年の11月は、出かける前に「薄手のコートでいいのか、夜は冷えるだろうからウールのコートを着ていった方がよいのか」と悩むことが多かったです。植物たちは「いつのタイミングで紅葉しようかな?」なんて悩まないのかなあ……そんなことを考えていたら真っ赤な葉っぱが見たくなり、大田区有数の紅葉スポット・多摩川台公園に行ってきました。

f:id:oomoriwest:20221129224332j:image

この日は快晴! 枝によってはまだ緑の部分もあり、赤、黄、緑のグラデーションを楽しむことが出来ました。

f:id:oomoriwest:20221129224916j:image

見晴らし台から見た多摩川。水面がキラキラしています。季節と時間を選べば、ここからダイヤモンド富士が見られるらしいです。いつか見たい!
f:id:oomoriwest:20221129224919j:image

かわいい紫の実。
f:id:oomoriwest:20221129224858j:image
f:id:oomoriwest:20221129224913j:image
f:id:oomoriwest:20221129224847j:image

この木を見た小さな男の子が、「なんで赤い葉っぱと黄色い葉っぱがあるの?」とお母さんに聞いていました。不思議だよね〜と心の中で相槌。
f:id:oomoriwest:20221129224850j:image

青空と紅葉のコントラスト、ほんと美しいな!心が洗われました。
f:id:oomoriwest:20221129224844j:image

切り株にも可愛らしい落ち葉が。ここにリスが来れば完璧なのに!
f:id:oomoriwest:20221129224909j:image
f:id:oomoriwest:20221129224922j:image

無骨な石畳もキライじゃないけど、紅葉でお化粧してる状態もいいものですよね。(M)

 

ふるさとの浜辺公園で皆既月食を見る。

みなさん、11月8日の夜は空を見上げましたか? なんでもこの日は、月が地球の影にすっぽり隠れる皆既月食中に月が天王星を隠す天王星食も起きるとかで、皆既月食中に惑星食が起きるのは実に442年ぶり(室町時代土星食)なんだとか。

 

まったりお酒など飲みながら眺めましょうかねと水筒にお湯割りを詰めて、夜のふるはまへ。梅屋敷の商店街で、メンチカツや茹で落花生も手に入れました。住宅街を歩いていると、少し視界が開けたところには必ず人が立っていて、みんな期待に満ちた顔で携帯片手に空を見上げています。なんか、いいな、こういう雰囲気。

f:id:oomoriwest:20221111200115j:image

f:id:oomoriwest:20221111194725j:image

ふるはまは結構な人出で、三脚を据えて本気撮影されている方も。こっちはiPhone13の限界に挑戦。手はプルプルです。
f:id:oomoriwest:20221111194719j:image

f:id:oomoriwest:20221111194735j:image

ちょっと拡大したら、月がイクラのよう。皆既月食中の赤い月、不思議で、キレイで、ちょっと不気味。

f:id:oomoriwest:20221111200148j:image

夜のふるはま全景。
f:id:oomoriwest:20221111194732j:image

次に空を見上げたら、イクラが鈴カステラになっていました。
f:id:oomoriwest:20221111194722j:image

人工物と月もいいな。久しぶりに首が痛くなるまで空を見上げました。(M)

 

池上本門寺の御会式でビールと煮込み。

あっという間に10月も終わりですね。

今週末はハロウィンで街に繰り出す人も多かったみたいですが、今回のポストは20日ほど前に行われた池上本門寺の御会式についてです。

f:id:oomoriwest:20221029172053j:image

御会式とは日蓮聖人の命日10月13日前後に行われる法要のこと。12日の逮夜(たいや。忌日の前夜のことです)には大きな万灯や纏、笛や太鼓などで構成された行列が出て、とてもキレイ。

万灯のまわりに飾られた和紙のしだれ桜がふわりふわり揺れるのも幻想的でいい感じ。ちなみにこの飾り、聖人が入滅された時に季節外れの桜が咲いたことからきているみたいです。万灯行列は、安藤広重の「江戸百景」や松尾芭蕉の俳句にも残されているぐらい古くからある行事みたいですよ。


とはいえ12日は仕事があるんだよなあ……ということで、少しでもあの高揚を感じようと万灯行列前日の11日にoomoriwestの3人で池上に出かけてきました。

境内には露店がいくつも出ていて、高校生カップルやファミリーがりんご飴を食べたり、金魚をすくったりしています。我々はまず生ビール! 戸外で飲むビールめちゃくちゃ久しぶりだったけど、美味しかった〜(涙)

f:id:oomoriwest:20221030204133j:image

こういう屋台って、流行を取り入れながら年々変わっていきますね。昭和世代を熱狂させた焼きとうもろこしや亀すくいの姿はなく、替わりにチーズホットクや宝石すくいの屋台が。
f:id:oomoriwest:20221030204130j:image

たこやきや煮込みをつまみながら、ビールやハイボールをぐびぐび。日本酒を売っている屋台がなかったのが残念!
f:id:oomoriwest:20221030204127j:image

日蓮聖人の法要で赤白幕とは、御会式をどう捉えたらいいのか……と気になったりしながら階段を降りる。
f:id:oomoriwest:20221030204136j:image

帰りしな、蒲田駅でしだれ桜を見ることが出来ました。今年の万灯行列は境内のみだったみたいですが、来年こそは街を練り歩くあの美しい行列をみたいものです。(M)

「晃名堂時計店」にある大きなのっぽじゃない古時計。

大森町商店街の中ほどに、古い1軒の時計屋があります。90歳オーバーのダンディなお父さんが営むその店は『晃名堂時計店』といいます。

 

一番最初にお伺いしたのは2、3年前にフェイスの小さい腕時計の電池交換をお願いしたとき。お父さんがその場でささっと作業してくださり、近所で買い物して戻ってくる間の30分ほどで仕上げてもらえました。油をさして、本体も磨いてもらって、その時「時計も喜んでいるみたい」と思ったんですよね。

 

それまでは東京駅にあるセレクトショップ(時計を買ったお店)まで持っていっていました。ただ、店舗に職人がいる訳ではないので、一旦メーカーに戻して、メーカーから委託業者に依頼して……とか何とかで、手元に戻ってくるまでに2週間ぐらいかかったんじゃなかったかなあ。しかも、お値段は1.5倍ぐらいしたような。

 

そんなある日、ふと「電池交換なら町の時計屋さんにお願い出来るのでは?」と思ってお伺いし、先日2回目の電池交換へ。

 

店内の壁にはたくさんの時計がかかっていて、チクタク時を刻んでいます。その音がまた心地良い!なかでも目を引くのがこの壁時計(ご許可いただき、撮らせてもらいました)なんと100年前に作られたものだそう。貴重! とはいえ、店主が丁寧にメンテナンスしているので、まだまだ現役です。

f:id:oomoriwest:20220907105247j:image

SDGsとか言わなくても、良いものが出来た工程に想いを馳せ、仕組みをきちんと理解し、長く大事に使うことって尊いな……。この店に入ると、そんな気分になります。(M)

 

 

3年ぶりの開催!大森の風物詩・厳正寺の水止舞。

コロナ禍で開催が見送られていた大森東にある厳正寺の水止舞が、3年ぶりに開催されました。喜!大田区イチ?いや東京イチの奇祭との呼び声も高いこの神事、おおらかかつ厳かな雰囲気で好きなんですよね。700年以上前に生きた人は、こうやって雨が止むのを祈ったのか……なんて思いを馳せたりして。そう考えると、お祭りってなんだかタイムカプセルみたいですよね。

 

7月10日、15時、例年のスタート地点である大森東中学から数十メートル手前から「道行」が始まりました。まずは、藁の縄をぐるぐる巻きにして龍神に見立てた中に人が入り、法螺貝を吹き鳴らします。

f:id:oomoriwest:20220716192021j:image

龍神は男衆によって少しずつ厳正寺に向かって運ばれるのですが、その際、沿道のあちこちからバケツで水が撒かれるんですね。龍神はもちろん見物客もみんなびしょ濡れ。今後参加予定の方、携帯など電子機器が心配でしたらジップロック必須ですよ!

f:id:oomoriwest:20220716194441j:image
f:id:oomoriwest:20220716194431j:image
f:id:oomoriwest:20220716194437j:image
f:id:oomoriwest:20220716194428j:image
f:id:oomoriwest:20220716194434j:image

龍神が道を開けた後には、蓮の模様が入った手ぬぐいを頭に巻いた子供たち、笛などの鳴り物、花籠、3匹の獅子と行列が続きます。獅子は赤いのが雌獅子で、黒いのが若獅子と雄獅子になります。羽ふさふさでかわいい。

f:id:oomoriwest:20220716194758j:image

一行が厳正寺に到着し、境内に設られた舞台にあがると、いよいよ水止舞が始まります。笛の音や唄が風に乗るなか、獅子たちが華麗に舞う姿よき……。ふと別方向を見ると、龍神の中に入っていた男性が、ケーブルテレビか何かのインタビューに、「水止舞でびしょ濡れにならないと、夏が来た気がしない」と答えていらっしゃいました。同感です!(M)

 

春日神社の夏越大祓で上半期の穢れを祓う。

ここ数年の停滞モードがとけ、滞っていたあれこれが少しずつ動き出してゆくのを感じます。そんな折、大森の春日神社で「夏越大祓神事」なるものが6月30日に開催されると知り、参加してきました。

f:id:oomoriwest:20220701125535j:image

f:id:oomoriwest:20220701125845j:image

この神事は、知らず知らずのうちに受けてしまった上半期の罪や穢れを形代にうつして祓い清めていただくというもの。上の写真の形代に住所と名前を書き、身体の悪い部分を撫でてフッと息を吐きかけてから袋にしまいます。クルマの穢れも祓っていただけるというから嬉しいかぎり。

f:id:oomoriwest:20220701130133j:image
f:id:oomoriwest:20220701130130j:image

茅の輪を八の字になるようくぐり、真っ白な浄衣をまとった神主さんと一緒に神拝詞を唱え、神前に玉串を捧げ……。その間、神職の方がずっと笛を吹いてくださっていたのもみやびやかでよかったな。うだるような暑さでしたが、神事のなかほどで陽が落ちてきて長い影が伸び、少し風も出てきました。帰る頃には気分もさっぱり。

f:id:oomoriwest:20220701130406j:image
f:id:oomoriwest:20220701130402j:image

さらに身体を清めようと、帰りは大森の名店『駒八』へ。鮪の脳天刺しに日本酒、安定の美味しさでした。

 

下半期の年越大祓は12月27日だそうです。

気持ちのいい新年を迎えるために、皆さんもいかがでしょう?(M)

観音崎海水浴場で夏の扉を開く。

 

京急の民である以上、夏は三浦半島に向かい、海を満喫せねばならぬ……なんて決まりはないのですが、少し前から横須賀に行きたい欲がうずうずしていて、行ってきました観音崎海水浴場!

 

f:id:oomoriwest:20220625205703j:image

若葉から覗く海、最高ですね。バーンと夏の扉が開いた気がします。アガる!

f:id:oomoriwest:20220625205836j:image

東京から近い海なんてどうせ灰色なんでしょ……と侮るなかれ。意外に透明度高く、水青いです。沖縄の美しい海を見て育ったという方は目をつぶってください。敵わないことは分かっているので……。

f:id:oomoriwest:20220625210159j:image

ちなみに観音崎には古い洋式灯台観音崎灯台があります。凛々しい!

f:id:oomoriwest:20220625210406j:image
f:id:oomoriwest:20220625210410j:image
f:id:oomoriwest:20220625210403j:image
f:id:oomoriwest:20220625210413j:image

f:id:oomoriwest:20220625211925j:image

灯台のそばには不思議な地層が見られる切り通しがあり、紫陽花もまだまだ目に楽し。海の道をのんびり歩くと、「観音崎自然博物館」に行きつきます。ここが、手作り感満載で和んだー。

f:id:oomoriwest:20220625210606j:image

f:id:oomoriwest:20220625210615j:image
f:id:oomoriwest:20220625210612j:image

この界隈で見られる貝、魚、植物などの展示があるかと思えば、マンモスの体毛や都市伝説収集コーナーも。観音崎ツチノコも宇宙人もいるの⁉︎ サイコーだな。
f:id:oomoriwest:20220625210609j:image

困った漂流物コーナーには、入れ歯から注射器まで展示されていました。海は広くて大きいですが、そこに放った小さなゴミは消えることなく、確実にどこかの誰かに迷惑をかけているんですよね……。当たり前のことですが、持っていったものは確実に持ち帰るようにしよう、なるべくプラ製品を使わないようにしようと気を引き締めました(M)。