oomoriwestのブログ

東京のブルックリンこと大田区大森地区ときどき京急沿線の日常を綴っています。

春日神社の夏越大祓で上半期の穢れを祓う。

ここ数年の停滞モードがとけ、滞っていたあれこれが少しずつ動き出してゆくのを感じます。そんな折、大森の春日神社で「夏越大祓神事」なるものが6月30日に開催されると知り、参加してきました。

f:id:oomoriwest:20220701125535j:image

f:id:oomoriwest:20220701125845j:image

この神事は、知らず知らずのうちに受けてしまった上半期の罪や穢れを形代にうつして祓い清めていただくというもの。上の写真の形代に住所と名前を書き、身体の悪い部分を撫でてフッと息を吐きかけてから袋にしまいます。クルマの穢れも祓っていただけるというから嬉しいかぎり。

f:id:oomoriwest:20220701130133j:image
f:id:oomoriwest:20220701130130j:image

茅の輪を八の字になるようくぐり、真っ白な浄衣をまとった神主さんと一緒に神拝詞を唱え、神前に玉串を捧げ……。その間、神職の方がずっと笛を吹いてくださっていたのもみやびやかでよかったな。うだるような暑さでしたが、神事のなかほどで長い影が伸びて少し風もあり、帰る頃には気分もさっぱり。

f:id:oomoriwest:20220701130406j:image
f:id:oomoriwest:20220701130402j:image

さらに身体を清めようと、帰りは大森の名店『駒八』へ。鮪の脳天刺しに日本酒、安定の美味しさでした。

 

下半期の年越大祓は12月27日だそうです。

気持ちのいい新年を迎えるために、皆さんもいかがでしょう?(M)

観音崎海水浴場で夏の扉を開く。

 

京急の民である以上、夏は三浦半島に向かい、海で夏を満喫せねばならぬ……なんて決まりはないのですが、少し前から横須賀行きたい欲がうずうずしていて、行ってきました観音崎海水浴場!

 

f:id:oomoriwest:20220625205703j:image

若葉から覗く海、最高ですね。バーンと夏の扉が開いた気がします。アガる!

f:id:oomoriwest:20220625205836j:image

東京から近い海なんてどうせ灰色なんでしょ……と侮るなかれ。意外に透明度高く、水青いです。沖縄の美しい海を見て育ったという方は目をつぶってください。敵わないことは知ってるので……。

f:id:oomoriwest:20220625210159j:image

ちなみに観音崎には古い洋式灯台観音崎灯台があります。凛々しい!

f:id:oomoriwest:20220625210406j:image
f:id:oomoriwest:20220625210410j:image
f:id:oomoriwest:20220625210403j:image
f:id:oomoriwest:20220625210413j:image

f:id:oomoriwest:20220625211925j:image

灯台の側には不思議な地層が見られる切り通しがあり、紫陽花もまだまだ目に楽し。海の道をのんびり歩くと、「観音崎自然博物館」に行きつきます。ここが、手作り感満載で和んだー。

f:id:oomoriwest:20220625210606j:image

f:id:oomoriwest:20220625210615j:image
f:id:oomoriwest:20220625210612j:image

この界隈で見られる貝、魚、植物などの展示があるかと思えば、マンモスの体毛や都市伝説収集コーナーも。観音崎ツチノコも宇宙人もいるの⁉︎ サイコーだな。
f:id:oomoriwest:20220625210609j:image

困った漂流物コーナーには、入れ歯から注射器まで展示されていました。海は広くて大きいですが、そこに放った小さなゴミは消えることなく、確実にどこかの誰かに迷惑をかけているんですよね……。当たり前のことですが、持っていったものは確実に持ち帰るようにしよう、なるべくプラ製品を使わないようにしようと気を引き締めました(M)。

 

 

 

対岸まで徒歩10分!多摩川スカイブリッジを渡ってみた

f:id:oomoriwest:20220501080521j:image

今年3月12日に開通した多摩川スカイブリッジ。羽田~川崎が徒歩10分で行き来できる新たなコースを使い、対岸にあるキングスカイフロントでランチを食べよう!というのが今回の目的。晴天のGW、さっそく大田区側から渡ってみました。

スカイブリッジの入口は、京急線天空橋」駅からすぐ。思った以上に駅近でした! 

f:id:oomoriwest:20220501081848p:image

そんな位置情報をつかみつつも、今回は大森から徒歩でむかったのが大間違い。穴守稲荷旧一の大鳥居に到着する頃にはすでにヘトヘト……。帰りは絶対電車を使おう。と心に誓い、水をガブ飲み。風が気持ちいい~、けど、やっぱり電車がいい。間違いない。

f:id:oomoriwest:20220501082652j:image

道路側に目をやると、目の前は京急天空橋」駅直結の羽田イノベーションシティ。まだまだ開発中で空き地が目立ちますが、これからどんどん賑わっていくんだろうな。数年後が楽しみです!

f:id:oomoriwest:20220501081917p:image

穴守稲荷旧一の大鳥居から橋の入口に続く歩道は整備済み。水辺には緩やかな階段が出きていました。付近には芝生養生中の貼り紙が。芝生が定着した後には、寝転んで本を読んだり、裸足で歩いたり、そんな休日が過ごせるんだろうか(わくわく)

f:id:oomoriwest:20220501082038p:image

到着しましたよ!スカイブリッジ。歩道と自転車道がしっかり分かれているから思った以上に歩きやすい!長さ675m、ここから徒歩10分の空散歩のスタートです。

f:id:oomoriwest:20220501082114j:image

見てくださいよ、この景色。視界のほとんどが自然色。視力がよくなりそう!

f:id:oomoriwest:20220501082136j:image

足もとには、いきもの図鑑が。気づいたときには、「チュウチャクシギ」と「ソリハシシギ」しかない状態でしたが、もしかして、他にも何枚かプレートがあったのかも。

f:id:oomoriwest:20220501082242j:image

川崎側の橋の下は多摩川サイクリングコース。スカイブリッジからは直接降りられないのが残念! 道なりに川崎キングスカイフロント東急REIホテルを目指して、川沿いに出ることに。

f:id:oomoriwest:20220501082311j:image

ホテルに隣接したカフェでピザを食べるつもりが、満席!(GWですからね)

気を取り直してホテル1階へ。すぐに出るというサンドイッチとオリオンビールでランチ。テイクアウトも可能なので、多摩川を眺めながらプハッと一息つけます。

f:id:oomoriwest:20220501082326j:image

館内では沖縄フェアの真っ最中。

f:id:oomoriwest:20220501082421j:image

沖縄じゃないけど、沖縄のホテルにいるみたいな気分になれるのは、近くに水辺があって、飛行場が近いせい?

f:id:oomoriwest:20220501082504j:image

ランチを堪能して、さて帰ろうかというとき、時刻は13時。ホテルからの送迎バスは通常川崎駅行きですが、13時だけ(1日1本のみ)JR蒲田行きがありました。急いで乗り込むと、ラッキーにもスカイブリッジを通るコース。川崎~大田区方面へ戻るコースは車中から堪能させてもらいました。

この時間帯だと、蒲田に戻っても、まだ午後はスタートしたばかり。近場でリフレッシュしたい時に、ほど良いコースでした♩

(K)

 

 

 

 

 

 

 

洗えるバッグ「ibooow」リニューアルのお知らせ

GW直前。みなさま今年はどんなご予定ですか? oomoriwestが拠点にしている大森町でも、大型連休に関係なく近場の公園(特にふるはま!)がにぎわってきました。

芝生にゴロンが気持ちいい季節、こんな時に、洗えてすぐに乾く、大きめのバッグがあったら……という思いから、GWを前に、oomoriwestが手掛ける生活ブランド・ニシカラの洗えるバッグ『ibooow』をリニューアルしました!

座ってお茶する道具、全部キレイに入ります!

ピクニックが楽しい季節。ワインやグラス、クロスを入れても余裕です。

(プチ情報ですが、バインミーとスムージー平和島のBaleineRoseさんでテイクアウト。GWからかき氷を始めるそうですよ。フルーツ氷に、果物で仕立てた蜜をかけてくれるそう♡スムージーも果実そのものの爽やかな酸味があって、白ワインで割っても美味でした♩)

今回は、アウトドアだけでなく、お買い物にも持ちやすい色にしたい!と考え

表地はやさしいトーンから選びました。見本を確認しながら、かなり迷いましたが

ポップな裏地をさらに魅力的に見せてくれる、いい生地に出会えました。

リニューアルした「ibooow 」Mサイズ、そして新作「ibooow 」Lサイズ

ともに2022年4月24日から販売を始めました。

すでに完売しているカラーもありますが、大森ロッヂ内yamamoto store の店頭、またはネットショップよりご覧いただけます。

yamamoto store 営業日 日、月、火 11:00〜15:00(GW期間中は休み)15時以降ご来店の場合ご連絡下さい。(〜18時迄)

ニシカラネットショップはコチラ↓

nisikara.base.shop

大田区大森町発のアイテムです♩よろしければ、のぞいてみてくださいね♪

(K)

テングザルに会いにズーラシアへ。

京急の各駅で見かけるズーラシアのポスター。気になりますよね。お尻の縞模様がかわいいオカピだったり、凛とした立ち姿が印象的なオオワシだったり、企画展の告知だったり…。今までで一番気になったのは、テングザルがやってくる!という5、6年前のポスター。その時、どうしても鼻の長いお猿が見たくて速攻で見に行き、しばらくご無沙汰していたのですが、久しぶりに彼らに会いたくなって、行ってきましたズーラシア

f:id:oomoriwest:20220414223658j:image

京急なら横浜まであっという間。そこからバスに乗るのが一番分かりやすいのですが、本数が少ないのでJRか相鉄線に乗り換えてからバスに乗るのが良いでしょう。oomoriwestが趣旨としている京急沿線からは外れてしまいますが、ポスターを見て気になっていた方も多いと思いますので、どしどし紹介していきます。なんせ、国内最大級の都市型動物園ですから見どころもいっぱい!

f:id:oomoriwest:20220414224212j:image

まずはゲート近くのインドゾウがお出迎え。落としものもデカいです。


f:id:oomoriwest:20220414224245j:image

森の賢者オラウータンはおねむなのでしょうか?ゴーイングマイウェイ感あります。


f:id:oomoriwest:20220414224235j:image

園内は8つの気候帯に分けられていて、そこに生息する動物を自然に近い形で見ることが出来ます。緑が多いので木漏れ日もキレイ。

 

f:id:oomoriwest:20220414224232j:image

配色がめちゃくちゃ好みな水鳥さん。


f:id:oomoriwest:20220414224209j:image

気温があがりはじめたためか、場内をさまざまな可憐な小花が彩っていました。


f:id:oomoriwest:20220414224239j:image

神経が高ぶり気味なのか、落ち着かない様子のしろくま。酒でも飲んで落ち着こ?


f:id:oomoriwest:20220414224224j:image

この長閑な田園風景…いったい、ここはどこだよ…。


f:id:oomoriwest:20220414224254j:image

ここは北欧ですよね?それとも夏のアラスカ?(どっちも行ったことはないです)


f:id:oomoriwest:20220414224230j:image

笑ってるヤツがいた!人間味あるなあ。


f:id:oomoriwest:20220414224206j:image

テングザルのファミリー。子どもの顔がなぜか黒かった。


f:id:oomoriwest:20220414224248j:image

孤高のツキノワグマ。影が歩いているみたい。


f:id:oomoriwest:20220414224242j:image

オオアリクイ。自然に生息している個体はI日に3万匹のアリを食べるそう。

f:id:oomoriwest:20220414224215j:image

厩舎でエサを食べるオカピ。一緒に行ったKさんは、今までオカピーだと思っていたそう。


f:id:oomoriwest:20220414224218j:image

やけに人間なれしていて、「写真撮る?」とばかりに近づいてきたチンパンジー


f:id:oomoriwest:20220414224251j:image

シマウマがゆったり下草を食んでいました。ずっと見ていられるヤツ…。


f:id:oomoriwest:20220414224221j:image

キリンに小さな男の子のファンがついていて、「キリンさーん、こっち向いて〜!」とずっと叫んでいたのがおかしかったです。


f:id:oomoriwest:20220414224227j:image

最後はやはりこの方に締めていただきましょう。ゆったりした歩みに「あ、自分、百獣の王やらせてもらってます!」という余裕を感じました。

 

今回はお昼に大森町に集合して現地に出向き、それでゆっくり回れるかと思っていたのですが、最後は駆け足になってしまいました。見どころが多すぎるんだよ…(←最大の褒め言葉)。ゴールデンウィークに足を伸ばしてみてはいかがでしょう?(M)

 

 

呑川の花筏と大森町の夜桜。

3月の後半から咲き始めた桜も新年度に入って一気に満開になり、今夜の雨で散ってしまいそうな気配ですね。とはいえ、先週1週間は歩いて行ける範囲内の桜に本当に楽しませてもらいました。

f:id:oomoriwest:20220403222035j:image

ひと足早く咲いたのは東邦医大通りの陽光桜。横断歩道を渡るとき、鮮やかなピンクの並木を見ると幸せな気分に。

f:id:oomoriwest:20220403221836j:image

f:id:oomoriwest:20220403222241j:image
f:id:oomoriwest:20220403221834j:image

道に落ちている花びらもかわいい。

f:id:oomoriwest:20220403222035j:image
f:id:oomoriwest:20220403222032j:image

大森西交通公園の夜桜も趣き深かったです。誰もいない公園で桜をひとり占めしつつ、雲がかかった夜空と桜を見て「幽玄の世界……」なんて感慨に耽っていたら、近所のお家からお爺さんが出ていらして、会話はないまでもお互いに「キレイですね」の気持ちを込めて会釈しあったりして。

f:id:oomoriwest:20220403222559j:image

呑川では花筏も見ることが出来ました。橋を渡りながら、いまゴジラが上陸してきたら花びらまみれになっちゃうだろうなあなどと思ったり。怖さ、半減!

f:id:oomoriwest:20220403222940j:image
f:id:oomoriwest:20220403222942j:image

こちらは夜のふるさとの浜辺公園と内川にかかる旧東海道沿いの橋から撮った桜です。水辺と桜の組み合わせ、よきだなあ。好き。

f:id:oomoriwest:20220403223339j:image
f:id:oomoriwest:20220403223336j:image

何回行くんだって感じですけど、昨日は明るい時間にふるさとの浜辺公園へ。芝生に座り、お花見を楽しまれている方々もちらほら。やっぱりいい公園だなあ〜。ベンチでおやつを食べて、平和の森公園方面へぶらぶら。ひょうたん池のほとりの桜も満開で、やはり好きだな水辺の桜!と思いながら写真を撮りました。

 

キライな方もいると思うので写真は載せませんが、この日池の中には小さなおたまじゃくしがいっぱいいて、集合体恐怖症のケがある私はゾワゾワ感も味わいました。新年度に入ったのは、人間だけじゃないんですね。(M)

 

3月の池上梅園で春探し。

やっと、やーっと暖かくなってきましたね。とにかく今年の冬は足から上がってくるタイプの冷気に悩まされ(加齢によるとのウワサあり)、友人からもらった電気あんかが大活躍。それも押し入れにしまう!一番重いコートも着ない!だって春ですもの。

f:id:oomoriwest:20220309103334j:image

ということで、池上梅園に行ってきました。

f:id:oomoriwest:20220310090217j:image

梅園に着くと、「只今見頃です」の嬉しい掲示。園内には約30種類の梅の木があり、早咲きの梅が散り始め、遅咲きの梅が咲き始めたタイミングでした。実はこの日は寒さが戻って気温も1桁だったのですが、白い空に可憐な薄紅色や紅色の梅が映えて、ひとつひとつの花の色をよりよく観察することが出来ました。

f:id:oomoriwest:20220310091032j:image
f:id:oomoriwest:20220310091035j:image

「月の桂」なんて雅な名前の梅があったかと思えば、「故郷に錦」なんて名前のものがあったりして名札を見るのも楽しい。

f:id:oomoriwest:20220310091320j:image

園内には移築されてきた茶室や和室、水琴窟なんかもあります。

f:id:oomoriwest:20220310091629j:image

枝垂れ梅って色気があっていいですよね。いまにも紅天女が出てきそう!(少女マンガの不朽の名作『ガラスの仮面』を知っている人だけ頷いてください)

f:id:oomoriwest:20220310092333j:image

見晴らし台に上がってみると、1本だけすごい角度で折れ曲がりながらも花を咲かせている梅の木が。シビれるなあ。こういうのが沁みるお年頃です……(M)