oomoriwestのブログ

東京のブルックリンこと大田区大森地区ときどき京急沿線の日常を綴っています。

大森町

目覚める美味しさ!甘夏エードの作り方

体が元気になる野菜多めのランチを提供している、大森町のヤマモトストアさん。ときどきメニューに登場するのが、果肉たっぷりの自家製のエードです。あまりに美味しいので、秘伝の技があるのでは!と思っていたら、「簡単よ〜」ということで、今回、旬の甘…

大森ロッヂのアイドルと『餅甚』の一升餅。

大型連休が近づき、辺りは初夏の気配でいっぱいですね。大森エリアでは植え込みのツツジも満開となり、道を歩いているだけで甘い匂いにうっとりしてしまいます。 そんな祝福の季節に生まれたのが、大森ロッヂにある美味しい定食のお店『たぐい食堂』の看板娘…

大森町で学ぶ青森の針仕事

寒さ厳しい冬の楽しみといえば、針仕事ですね。東京では珍しい、青森県の伝統技法「津軽こぎん刺し」が大森町で体験できと聞きつけ、ブローチづくりに挑戦してきました。 この日つくったブローチの図案がこちら。編み物と同じで、図案が命!ひと針ひと針、布…

さよなら、街のオアシス「すし処 日の出」。

内川と旧東海道が交わるところに架かるするがや橋。この橋を起点に羽田へ続く街道・羽田道を行くと、モダンな建物が現れます。ここは、大森住人のオアシス「すし処 日の出」。 仕事の区切りがついた後などに予約なしでふらりと立ち寄り、美味しいお寿司とお…

マチノマノマで作ったタイル出来ました!

先日、大森町にあるコミュニティスペース「マチノマノマ」で行われたタイル作りのワークショップに参加してきました。講師はoomoriwestブログのもうひとりの書き手でもあるKさん! https://fuchidori-tile.com 後日、マチノマノマに焼きあがったブローチを迎…

まるでバレンシア!

スペインのバレンシアを旅したとき、街中で飲んだ「オレンジジュース」のあまりの美味しさに「!!!!」。とても驚いた思い出がありました。 そんな過去の記憶をあっさりと呼び覚ましてくれたのが、こちらのマシーン「Zumex」。調べてみると、やはり、スペ…

ネオ★路地裏コミュニティー

「ネオ★路地裏コミュニティー」 そんなタイトルがついた、「なぎさ」No613が発行されました。 京急沿線マガジンである「なぎさ」は、 まちに暮らす「人」に寄り添った特集が多く、前から好きなフリーペーパー。 そこで今回「大森町」を特集するということで…

9,000円のオムライス

9,000円のオムライス、食べたことありますか? 食べたくても、食べられない……そんなお値段ですよね(;_:) ええ、そうですとも。食べられなくていいんです! だって、こちらは↓ 食品サンプルの自動販売機! さすが職人の街、大田区ですよ。 売ってるものが違い…

囚われた子どもたち。

大森交通公園の近くに、ソフトクリーム関連のマシンやら何やらを保管している倉庫があります。その前を通るたびに、「囚われの子どもがいる!」と思ってしまいます。 ちなみにこの子たちの名前、ニックン、セイチャンというそうです(M)。

大森ロッヂでピザ窯をDIY

「大森ロッヂ」でピザ窯のDIYを体験してから、手づくりピザがとっても身近になりました。だってこの通り。ブロックの上に耐熱レンガを並べて、鉄板をのせるだけで窯になるんです! 接着面が一切ないので、材料を運んできて、積み重ねるだけ! なので、具材を…

ある日の大森ふるさとの浜辺公園

ブルックリンの南端にニューヨーカーの憩いの場、コニーアイランド(ビーチや遊園地)があるように、大森地区の南端には「大森ふるさとの浜辺公園」があります。 23区内に住んでるのに徒歩15分で砂浜に行けちゃうだけでもテンションあがりまくりなのに、昨年…

大森町のタコスと『死都調布』

大森町駅から徒歩1分のところに「ロコフィ」というハンバーガーショップがあります。ミントグリーンの木製ドアをあけると、ダイナーとかで見かけるハイスツールが並んでいて、ザッツ・アメリカな感じ。 ここのハンバーガーももちろん旨いのですが、オススメ…

内川のある町、大森町

京急の大森町と平和島の間に内川という小さな川があります。JRより内陸側は暗渠化しているので、線路から東京湾までの1.5キロぐらいの流れでしかない短い川ですが、昔は天然の小川だったようです。 ゴジラが上陸した呑川の隣にあって知名度は低く、お世辞…